【実食レポ】「麦とろ童子」いくらとろろ丼&雲丹とろ!湯河原で海を眺めながら贅沢な蟹汁も!

【実食レポ】「麦とろ童子」いくらとろろ丼&雲丹とろ!湯河原で海を眺めながら贅沢な蟹汁も!
うに・いくらテロ

湯河原にある「自然薯処 麦とろ童子」は、壮大な相模湾の絶景とともに、美味しくてユニークなとろろ丼を味わえる場所。古民家を改装した隠れ家的なお食事処で海を眺めながら、いくらや雲丹がどっさり乗った贅沢なとろろ丼を堪能できます。

お店の様子&混雑状況

海沿いの隠れ家のような「自然薯処 麦とろ童子」。

【実食レポ】「麦とろ童子」いくらとろろ丼&雲丹とろ!湯河原で海を眺めながら贅沢な蟹汁も!

【実食レポ】「麦とろ童子」いくらとろろ丼&雲丹とろ!湯河原で海を眺めながら贅沢な蟹汁も!

緑が生茂る中に入り口がありました。

車を止めるスペースは、お店の入り口の横に4台分くらいと、その他に第2駐車場があり、そこには倍くらいの台数が止められるようになっています。

電車とバスを乗り継いでくる人も多く、バス停から急ぎ足で向かってくるグループの姿もチラホラ。
お店までの行き方は様々ですが、とりあえず皆が焦って入店しているようでした。

【実食レポ】「麦とろ童子」いくらとろろ丼&雲丹とろ!湯河原で海を眺めながら贅沢な蟹汁も!

今回訪れたのは、3連休の真ん中の日。
11時49分頃に到着すると、すでに中は満席で、さらに名前を書いて待っている人が11組もいました。
その後、20分の間に順番待ちする人の数が倍に増えていてびっくり!

入店したら、まずはすぐに待機部屋で名前を記入して、日誌などを読みながら1時間以上じっと待つことになります。

【実食レポ】「麦とろ童子」いくらとろろ丼&雲丹とろ!湯河原で海を眺めながら贅沢な蟹汁も!

待合室はなんとギャラリーになっています!
現在は海の生き物たちが展示されており、待機時間中に好きな写真を選び、アンケートに記入して投票できるようになっていました。

【実食レポ】「麦とろ童子」いくらとろろ丼&雲丹とろ!湯河原で海を眺めながら贅沢な蟹汁も!

【実食レポ】「麦とろ童子」いくらとろろ丼&雲丹とろ!湯河原で海を眺めながら贅沢な蟹汁も!

【実食レポ】「麦とろ童子」いくらとろろ丼&雲丹とろ!湯河原で海を眺めながら贅沢な蟹汁も!

飲食スペースのテーブルは全部で6卓。
運がよければ、窓側の席でオーシャンビューの絶景を満喫することができます!
壮大な相模湾が目の前に!

【実食レポ】「麦とろ童子」いくらとろろ丼&雲丹とろ!湯河原で海を眺めながら贅沢な蟹汁も!

古民家を改装した店内は、なんともおしゃれでレトロな空間。
ふと天井の方を見上げると、和傘が!
和とPOPが融合した個性的な空間に、店主の遊び心がいっぱい詰まっているのです。
店主自らが壁に書した言葉もあるので、色々と観察すると楽しいと思います。

【実食レポ】「麦とろ童子」いくらとろろ丼&雲丹とろ!湯河原で海を眺めながら贅沢な蟹汁も!

ちなみに、こちらが呼び鈴。
座敷の飲食スペースの中央にたった1つだけ設置されており、鳴らしたグループから順番にオーダーすることになります。

メニュー

赤とろろ 2080円
【実食レポ】「麦とろ童子」いくらとろろ丼&雲丹とろ!湯河原で海を眺めながら贅沢な蟹汁も!

鰻とろ 4400円
【実食レポ】「麦とろ童子」いくらとろろ丼&雲丹とろ!湯河原で海を眺めながら贅沢な蟹汁も!

ビーとろ 2300円
【実食レポ】「麦とろ童子」いくらとろろ丼&雲丹とろ!湯河原で海を眺めながら贅沢な蟹汁も!

とろろ伊太利庵 2200円
【実食レポ】「麦とろ童子」いくらとろろ丼&雲丹とろ!湯河原で海を眺めながら贅沢な蟹汁も!

【実食レポ】「麦とろ童子」いくらとろろ丼&雲丹とろ!湯河原で海を眺めながら贅沢な蟹汁も!いくらとろろ丼 2800円
ぶっかけ麦めし 1865円
梅婆さん 1780円
雲丹とろ 2940円

この他に、裏メニューで「釜あげしらす」の丼もあるそう。
店主の方から説明がありました!

【実食レポ】「麦とろ童子」いくらとろろ丼&雲丹とろ!湯河原で海を眺めながら贅沢な蟹汁も!

ノンアルコール(キリンfree) 440円
わらび餅 360円
coffee 360円
ぜんざい 660円
アイスクリーム 360円
餡蜜 660円

昔ながらの麦とろから現代的なオリジナル自然薯料理まで用意されており、食後のデザートも提供されています。

実食レポート

ここからは、いよいよ実食レポート!

【実食レポ】「麦とろ童子」いくらとろろ丼&雲丹とろ!湯河原で海を眺めながら贅沢な蟹汁も!

【実食レポ】「麦とろ童子」いくらとろろ丼&雲丹とろ!湯河原で海を眺めながら贅沢な蟹汁も!

席に座ると、まずはお箸とおしぼりがセットされます。

【実食レポ】「麦とろ童子」いくらとろろ丼&雲丹とろ!湯河原で海を眺めながら贅沢な蟹汁も!

【実食レポ】「麦とろ童子」いくらとろろ丼&雲丹とろ!湯河原で海を眺めながら贅沢な蟹汁も!

【実食レポ】「麦とろ童子」いくらとろろ丼&雲丹とろ!湯河原で海を眺めながら贅沢な蟹汁も!

そして、その後すぐにボリューミーな蟹汁が登場!

【実食レポ】「麦とろ童子」いくらとろろ丼&雲丹とろ!湯河原で海を眺めながら贅沢な蟹汁も!

【実食レポ】「麦とろ童子」いくらとろろ丼&雲丹とろ!湯河原で海を眺めながら贅沢な蟹汁も!

汁をひと口すすると、今までの1時間の待機の疲れが一瞬で吹っ飛んだように感じるほどほっこりしました。

【実食レポ】「麦とろ童子」いくらとろろ丼&雲丹とろ!湯河原で海を眺めながら贅沢な蟹汁も!

【実食レポ】「麦とろ童子」いくらとろろ丼&雲丹とろ!湯河原で海を眺めながら贅沢な蟹汁も!

蟹汁とほぼ同時刻に、お漬物とホッキ貝のマヨネーズ和えとニューサマーオレンジが盛り付けられたお皿がやってきます。

【実食レポ】「麦とろ童子」いくらとろろ丼&雲丹とろ!湯河原で海を眺めながら贅沢な蟹汁も!

【実食レポ】「麦とろ童子」いくらとろろ丼&雲丹とろ!湯河原で海を眺めながら贅沢な蟹汁も!

そして、ついに御目当てのとろろ丼が登場!
「いくらとろろ丼」と「雲丹とろ丼」を注文しましたが、どちらも丼のトップのほうがキラキラと輝いていて綺麗!

【実食レポ】「麦とろ童子」いくらとろろ丼&雲丹とろ!湯河原で海を眺めながら贅沢な蟹汁も!

【実食レポ】「麦とろ童子」いくらとろろ丼&雲丹とろ!湯河原で海を眺めながら贅沢な蟹汁も!

【実食レポ】「麦とろ童子」いくらとろろ丼&雲丹とろ!湯河原で海を眺めながら贅沢な蟹汁も!

【実食レポ】「麦とろ童子」いくらとろろ丼&雲丹とろ!湯河原で海を眺めながら贅沢な蟹汁も!

【実食レポ】「麦とろ童子」いくらとろろ丼&雲丹とろ!湯河原で海を眺めながら贅沢な蟹汁も!

最初に食べたのはいくらとろろ丼。
北海道産のいくらはかなり大粒で、宝石のような輝き!
口の中でプチっとはじけ、素敵な甘みがふわ〜っと広がります。

【実食レポ】「麦とろ童子」いくらとろろ丼&雲丹とろ!湯河原で海を眺めながら贅沢な蟹汁も!

ちなみに、いくらの下のご飯は白米ではなく麦ご飯です。

【実食レポ】「麦とろ童子」いくらとろろ丼&雲丹とろ!湯河原で海を眺めながら贅沢な蟹汁も!

【実食レポ】「麦とろ童子」いくらとろろ丼&雲丹とろ!湯河原で海を眺めながら贅沢な蟹汁も!

いくらとろろ丼は、とろろが別添えになっているので、いくらそのものの味わいを堪能したあとは、とろろを自身の手で丼に流し込んでいきます。1杯で2度美味しい丼なのです。

【実食レポ】「麦とろ童子」いくらとろろ丼&雲丹とろ!湯河原で海を眺めながら贅沢な蟹汁も!

しっかり濃い味わいのいくらと、やさしくとろける自然薯、そして海苔の組み合わせがベストマッチ!

【実食レポ】「麦とろ童子」いくらとろろ丼&雲丹とろ!湯河原で海を眺めながら贅沢な蟹汁も!

【実食レポ】「麦とろ童子」いくらとろろ丼&雲丹とろ!湯河原で海を眺めながら贅沢な蟹汁も!

【実食レポ】「麦とろ童子」いくらとろろ丼&雲丹とろ!湯河原で海を眺めながら贅沢な蟹汁も!

【実食レポ】「麦とろ童子」いくらとろろ丼&雲丹とろ!湯河原で海を眺めながら贅沢な蟹汁も!

雲丹とろの方は、とろろは別添えではありません。
トップに乗っているウニの下に、ウニを練りあわせたとろろがあるのです!
なんとも濃厚な味わいで、ご飯が進みます。

【実食レポ】「麦とろ童子」いくらとろろ丼&雲丹とろ!湯河原で海を眺めながら贅沢な蟹汁も!

【実食レポ】「麦とろ童子」いくらとろろ丼&雲丹とろ!湯河原で海を眺めながら贅沢な蟹汁も!

【実食レポ】「麦とろ童子」いくらとろろ丼&雲丹とろ!湯河原で海を眺めながら贅沢な蟹汁も!

【実食レポ】「麦とろ童子」いくらとろろ丼&雲丹とろ!湯河原で海を眺めながら贅沢な蟹汁も!

「麦とろ童子」は、自然薯料理の専門店でありながら、デザートメニューも楽しめます。
今回は、餡蜜とアイスクリームをチョイス!

【実食レポ】「麦とろ童子」いくらとろろ丼&雲丹とろ!湯河原で海を眺めながら贅沢な蟹汁も!

お茶のおかわりは、とっても明るくファンキーで優しい店主が注いでくださいました。
メニュー紹介の時には、駄洒落や冗談を入れ込んだ面白いトークも!
麦とろの味だけでなく、店長のファンにもなってしまいそう!

ちなみに、ホットペッパーにアイスクリームが貰えるクーポンがあります。お誕生日の方は利用してみては!?
ホットペッパーは→コチラ

うにやいくらが好物の方は、下記の記事もぜひ参考に↓

はらぺこニュースのSNS
====================
   
====================

後でゆっくり読みたい方は↓ブックマーク
このエントリーをはてなブックマークに追加

案内図  自然薯処 麦とろ童子


店名 自然薯処 麦とろ童子
湯河原温泉公式観光公式HP https://www.yugawara.or.jp/gourmet/1295/
住所 静岡県熱海市泉伊豆山郷清水210
営業時間 平日11:30~17:00
土日祝11:30~19:00
定休日 水曜日(祭日営業)
バスアクセス 「郷清水」バス亭前
駐車場 10台

ピックアップ記事

関連記事一覧