【実食レポ】『天然本まぐろ ありそ鮨し』グランスタ東京店・伊丹空港店オープン!大とろ・活はも・鮑も登場!

【実食レポ】『天然本まぐろ ありそ鮨し』グランスタ東京店・伊丹空港店オープン!大とろ・活はも・鮑も登場!
うに・いくらテロ

株式会社荒磯が展開する『天然本まぐろ ありそ鮨し』が、2020年8月3日(月)にグランスタ東京(JR東京駅改札内)、8月5日(水)に伊丹空港(JAL搭乗ゲート内)にオープン!
希少な天然本まぐろをはじめ、毎日豊洲から新鮮なネタを仕入れ、手頃な価格で本格江戸前鮨しを提供します。

ネタはすべて天然モノにこだわり、「お決まりの皿」には、北陸の甘えびや若狭ぐじなど、旬のネタを日替わりで用意!

ひと足早く、グランスタ東京店のメディア内覧会にて「お決まりの皿」を実食してきたので、体験レポートを綴ります!
是非参考に!

新規店舗概要

グランスタ東京店

丸の内北口と八重洲北口を結ぶ「北通路」のエリアに開業する、エキナカ商業施設「グランスタ東京」(8月3日開業)内に出店。
多くの人で賑わう東京駅の新スポットで、買い物や待ち合わせの合間に本格的な江戸前鮨しを楽しめます。

所在地
東京都千代田区丸の内1丁目9-1
JR東日本東京駅構内1F 改札内 グランスタ東京 

電話
03-6268-0890

【実食レポ】『天然本まぐろ ありそ鮨し』グランスタ東京店・伊丹空港店オープン!大とろ・活はも・鮑も登場!

伊丹空港店(JAL搭乗ゲート内)

関西の空港に初出店!
伊丹空港・JAL搭乗ゲート内に登場します。
多忙なビジネスマンもさくっと立ち寄ることができ、本格的な江戸前鮨しを効率的なサービスにて提供します。

所在地 
大阪府豊中市螢池西町3丁目555
大阪国際空港北ターミナル2階 

電話
06-6842-7330

メニュー

お決まり

ーから四の皿 各1300円(1430円税込)
五の皿 2400円(2640円税込)

【実食レポ】『天然本まぐろ ありそ鮨し』グランスタ東京店・伊丹空港店オープン!大とろ・活はも・鮑も登場!

一の皿
天然本まぐろ赤身づけ(アイルランド)
甘海老(福井)
釣り鯵(千葉・長崎)
若狭ぐじ(福井)

二の皿(塩・すだち皿)
天然本まぐろ中とろ炙り
天然ひらめ(青森・宮城)
剣先いか(青森・瀬戸内)
活真たこ(神奈川・瀬戸内)

三の皿
天然本まぐろ中とろ
いくら(北海道・岩手)
真ごち(神奈川・瀬戸内)
カツオ(宮城・静岡)

四の皿
天然本まぐろねぎとろ手巻
活穴子(宮城・長崎)
こはだ(千葉・佐賀)
のどぐろ(石川・長崎)

五の皿
天然本まぐろ大とろ
あわび(東京湾)
つぶ貝(北海道・福井)
活はも(瀬戸内)

お好み一貫・おつまみ

【実食レポ】『天然本まぐろ ありそ鮨し』グランスタ東京店・伊丹空港店オープン!大とろ・活はも・鮑も登場!

赤身づけ 380円
中とろ 480円
大とろ 680円
剣先いか 280円
活真たこ 280円
甘海老 350円
つぶ貝 360円
平貝 580円
真ごち 360円
天然ひらめき 380円
若狭ぐじ 580円
のどぐろ 580円
活はも 360円
こはだ 300円
釣り鯵 280円
カツオ 280円
活穴子 480円
いくら 360円
うに 1800円
あわび 1000円

【実食レポ】『天然本まぐろ ありそ鮨し』グランスタ東京店・伊丹空港店オープン!大とろ・活はも・鮑も登場!

手巻き各種
ねぎとろ 580円
鉄火 480円
かっぱ 280円
かんぴょう 280円

おつまみ
本日の山かけ 580円
若狭の糸もずく 380円
活真たこブツ切り 680円
平貝磯辺焼き 780円

実食レポート

ここからは、いよいよ実食レポート!

【実食レポ】『天然本まぐろ ありそ鮨し』グランスタ東京店・伊丹空港店オープン!大とろ・活はも・鮑も登場!

店内はカウンター席の他にテーブル席もありました。
カウンターでは、目の前で江戸前鮨しを握る姿を眺めることができます。

ありそ鮨しでは、こだわりの江戸前鮨し提供!
例えば、江戸前を代表するコハダやアナゴも伝統的な締め方や炊き方に習い、本物の江戸前鮨しを追求しているのだそう。

【実食レポ】『天然本まぐろ ありそ鮨し』グランスタ東京店・伊丹空港店オープン!大とろ・活はも・鮑も登場!

テーブルには、荒磯醤油がセッティングされており、これをつけていただきます。

【実食レポ】『天然本まぐろ ありそ鮨し』グランスタ東京店・伊丹空港店オープン!大とろ・活はも・鮑も登場!

ちなみに、お好みの一貫握りの他に、「お決まり」の一から五の皿があり、一から四までは全て1皿1300円となっています。
五の皿のみ2400円です。

【実食レポ】『天然本まぐろ ありそ鮨し』グランスタ東京店・伊丹空港店オープン!大とろ・活はも・鮑も登場!

どの皿にも必ず、希少な最高級の天然クロマグロ(通称本まぐろ)が一貫入っています。

【実食レポ】『天然本まぐろ ありそ鮨し』グランスタ東京店・伊丹空港店オープン!大とろ・活はも・鮑も登場!

こちらは、「二の皿」。
天然本まぐろ中とろ炙り、天然ひらめ(青森・宮城)、剣先いか(青森・瀬戸内)、活真たこ(神奈川・瀬戸内)の四つのネタの組み合わせ。

【実食レポ】『天然本まぐろ ありそ鮨し』グランスタ東京店・伊丹空港店オープン!大とろ・活はも・鮑も登場!

五つある皿のうち、「二の皿」は唯一、塩とすだちで味わうようになっており、自身の手ですだちを絞っていただきます。

【実食レポ】『天然本まぐろ ありそ鮨し』グランスタ東京店・伊丹空港店オープン!大とろ・活はも・鮑も登場!

天然本まぐろ中とろ炙りは、とてもやわらかくてジューシー。
程よい脂のりで、すだちとの相性も良いです。

【実食レポ】『天然本まぐろ ありそ鮨し』グランスタ東京店・伊丹空港店オープン!大とろ・活はも・鮑も登場!

そして、こちらは豪華なネタが集まった「五の皿」。
天然本まぐろ大とろ、あわび(東京湾)、つぶ貝(北海道・福井)、活はも(瀬戸内)の四貫が盛り合わせになっています。

【実食レポ】『天然本まぐろ ありそ鮨し』グランスタ東京店・伊丹空港店オープン!大とろ・活はも・鮑も登場!

シャリは二升という少量で炊き上げ、一粒一粒のお米が際立つように工夫。
使用しているお米は粘性がないササニシキで、酢飯として舌触りが際立ち、お米の粒感がしっかりと感じられるように仕上がっています。

毎日豊洲から仕入れる新鮮なネタを、リーズナブルな価格で味わえる「天然本まぐろありそ鮨し」に興味が湧いた方は、是非一度訪れてみて下さい。

グランスタ東京の全飲食店の情報は↓

はらぺこニュースのSNS
====================
   
====================

後でゆっくり読みたい方は↓ブックマーク
このエントリーをはてなブックマークに追加

案内図 天然本まぐろ ありそ鮨し グランスタ東京店


店名天然本まぐろ ありそ鮨し グランスタ東京店
公式HPhttps://www.arisozushi.com/
住所東京都千代田区丸の内1-9-1 グランスタ東京

ピックアップ記事

関連記事一覧