【実食レポ】日比谷OKUROJI『炭焼 うな富士 有楽町店』で「肝入り上うなぎ丼(数量限定)」と「上ひつまぶし」

【実食レポ】日比谷OKUROJI『炭焼 うな富士 有楽町店』で「肝入り上うなぎ丼(数量限定)」と「上ひつまぶし」
新店舗・新商品

2020年9月10日に有楽町にオープンした注目の商業施設「日比谷OKUROJI」に、とろけるような食感と肉厚な身を楽しめる幻の“青うなぎ”使用した鰻屋「炭焼き うな富士 有楽町」が登場!
「うな富士」の名古屋本店は、ミシュランガイド愛知・岐阜・三重2019特別版で「ビブグルマン」を受賞!
食べログでは「THE TABELOG AWARD 2020」の「百名店2019」に選定されています。

早速、オープン直後に来店し、限定メニューや名物のひつまぶしを実食してきました!
体験レポートを綴るので、ぜひ参考に!

店舗概要・混雑状況

【実食レポ】日比谷OKUROJI『炭焼 うな富士 有楽町店』で「肝入り上うなぎ丼(数量限定)」と「上ひつまぶし」

場所  
東京都千代田区内幸町一丁目7番1号
日比谷OKUROJI

営業時間
11:00〜15:00
17:00〜21:00

アクセス
有楽町駅 徒歩6分
新橋駅 徒歩6分
日比谷駅 徒歩6分
銀座駅 徒歩6分

 

【実食レポ】日比谷OKUROJI『炭焼 うな富士 有楽町店』で「肝入り上うなぎ丼(数量限定)」と「上ひつまぶし」

店の入り口のすぐ横に、待機するための沢山の椅子が用意されています。
開店時刻の25分ほど前に到着しましたが、すでにこの椅子に座っている人の姿も!

ちなみに、紙に名前が記入された順番に呼ばれるようになっています。
予約をした上で来店する人もいるので、予約なしの場合は、なるべく早い時間に訪れることをおすすめします。

【実食レポ】日比谷OKUROJI『炭焼 うな富士 有楽町店』で「肝入り上うなぎ丼(数量限定)」と「上ひつまぶし」

椅子の上には店の情報がのっているウチワもありました!
自由に手に取ることができるので、写真撮影する人もいました。

【実食レポ】日比谷OKUROJI『炭焼 うな富士 有楽町店』で「肝入り上うなぎ丼(数量限定)」と「上ひつまぶし」

さらに、メニュー表も置いてあるので、待機している間にどの料理にするか選ぶこともできます。

メニュー

通常メニュー

〈うなぎ丼〉
小うなぎ丼 3500円
うなぎ丼 4300円
肝入りうなぎ丼(限定) 5800円
上うなぎ丼 5400円
肝入り上うなぎ丼(限定) 6900円

〈うな重〉
上うな重 5400円
肝入り上うな重(限定) 6900円
特上うな重 7600円
肝入り特上うな重(限定) 9100円

〈ひつまぶし〉
上ひつまぶし 5400円
肝入り上ひつまぶし(限定) 6900円
特上ひつまぶし 7600円
肝入り特上ひつまぶし(限定) 9100円

【実食レポ】日比谷OKUROJI『炭焼 うな富士 有楽町店』で「肝入り上うなぎ丼(数量限定)」と「上ひつまぶし」

〈こだわりの鰻〉
天の青うなぎ(限定)うなぎのみ 13200円
天然うなぎ(限定) 時価(1尾15000円~)
ご飯セット(ごはん、吸い物、漬物) 600円

〈定食〉
長焼き定食 5500円
白焼き定食 5500円

〈汁物〉
蛤のお吸い物 400円

〈うなぎ一品料理その他〉
長焼き 4800円
白焼き 4800円
肝焼き 1500円
うまき 1300円
うざく 1300円
うなぎ燻製 1500円
うなぎ煮凝り 1000円
うなぎの枕 1500円
うなぎの骨せんべえ 800円
もずく酢 600円
漬け物盛合せ(4点) 660円
穴子の骨せんべえ 600円

〈デザート〉
宇治抹茶アイスクリーム 400円
ほうじ茶アイスクリーム 400円
バニラアイスクリーム 400円

夜の部限定メニュー(長月のおすすめ料理)

【実食レポ】日比谷OKUROJI『炭焼 うな富士 有楽町店』で「肝入り上うなぎ丼(数量限定)」と「上ひつまぶし」

お刺身盛り合わせ
うな富士盛り(五種) 3800円
※2〜3名様向け
うな富士盛り(七種) 4800円
※3〜4名様向け

単品刺身(専門問屋より直接仕入れ)
マグロ中トロ刺し 1900円
マグロ赤身刺し 1240円
本日の白身刺身 990円

うな富士鰻珍味料理
うなぎの枕(商標登録商品) 1500円
うなぎの骨せんべい 800円
うなぎののどもと焼き 1000円

この時期だけのお楽しみ
岩魚の骨酒 2500円
雑ぎ酒 1500円

旬肴と一品料理
岩魚の塩焼き 1200円
小松菜としめじの湯葉和え 600円
ヤリイカとみょうがのおつまみサラダ 800円
炙りメ鯖の薬味おろしポン酢 900円
カキの山根煮 800円
カキフライ 800円
小あじ 南蛮漬け 800円

おすすめの一品
板わさと山菜粕漬け 700円
タコ入り自家製さつまあげ 900円
川海老の唐揚げ 800円
子持ち鮎の甘露煮 600円
京あげ灸り しょうが醤油 500円
砂肝スモー クのねぎまみれ 600円
じゃこと九条ねぎの名古屋コー チン出汁巻き 900円
穴子の骨せんべい 600円

【実食レポ】日比谷OKUROJI『炭焼 うな富士 有楽町店』で「肝入り上うなぎ丼(数量限定)」と「上ひつまぶし」

〈夜の御食事コース〉※ 要予約
お一人様 8000円
内容は仕入れの状況により変更する事があります。

前菜プレート
(うざく・鰻の枕・季節の逸品三種)
旬のお造り三種盛り合わせ
鰻巻
季節の焼魚
白焼
長焼
小ひつまぶし または 小うなぎ丼
デザート

特大ひつまぶし

【実食レポ】日比谷OKUROJI『炭焼 うな富士 有楽町店』で「肝入り上うなぎ丼(数量限定)」と「上ひつまぶし」

13820円

通常の3倍サイズのひつまぶし。
3〜4名でシェアしていただけます。

持ち帰りメニュー

〈お持ち帰り弁当〉
うなぎ丼(梅) 3400円
うなぎ丼(竹) 4000円
うなぎ丼(松) 4700円
上ひつまぶし 4800円
特上ひつまぶし 7000円
長焼き 4600円
白焼き 4600円
うなぎの枕(長焼き・白焼き) 2500円

実食レポート

ここからは、いよいよ実食レポート!

【実食レポ】日比谷OKUROJI『炭焼 うな富士 有楽町店』で「肝入り上うなぎ丼(数量限定)」と「上ひつまぶし」

店内には、テーブル席やカウンター席、個室の空間も用意されています。

【実食レポ】日比谷OKUROJI『炭焼 うな富士 有楽町店』で「肝入り上うなぎ丼(数量限定)」と「上ひつまぶし」

【実食レポ】日比谷OKUROJI『炭焼 うな富士 有楽町店』で「肝入り上うなぎ丼(数量限定)」と「上ひつまぶし」

奥の壁には富士山が描かれ、頭上には「鰻」と書かれた提灯が!

【実食レポ】日比谷OKUROJI『炭焼 うな富士 有楽町店』で「肝入り上うなぎ丼(数量限定)」と「上ひつまぶし」

席に着くと、小皿とお茶がセッティングされていました。

【実食レポ】日比谷OKUROJI『炭焼 うな富士 有楽町店』で「肝入り上うなぎ丼(数量限定)」と「上ひつまぶし」

【実食レポ】日比谷OKUROJI『炭焼 うな富士 有楽町店』で「肝入り上うなぎ丼(数量限定)」と「上ひつまぶし」

注文を済ませると、すぐにこちらのきゅうりがテーブルに運ばれます。
箸休めにピッタリなさっぱりとした味わいで、何度でもおかわりすることが可能!

【実食レポ】日比谷OKUROJI『炭焼 うな富士 有楽町店』で「肝入り上うなぎ丼(数量限定)」と「上ひつまぶし」

こちらは、「肝入り上うなぎ丼」。
とても人気のあるメニューなので、どうしても食べたい場合には、売り切れる前にお早めに!

【実食レポ】日比谷OKUROJI『炭焼 うな富士 有楽町店』で「肝入り上うなぎ丼(数量限定)」と「上ひつまぶし」

ちなみに、各テーブルに「うな富士」と店名が書かれた提灯が提供され、提灯と一緒に料理の写真撮影が楽しめるようになっていました。

【実食レポ】日比谷OKUROJI『炭焼 うな富士 有楽町店』で「肝入り上うなぎ丼(数量限定)」と「上ひつまぶし」

せっかくなので、自身もちょうちんを使って何枚か撮ってみました!

【実食レポ】日比谷OKUROJI『炭焼 うな富士 有楽町店』で「肝入り上うなぎ丼(数量限定)」と「上ひつまぶし」

【実食レポ】日比谷OKUROJI『炭焼 うな富士 有楽町店』で「肝入り上うなぎ丼(数量限定)」と「上ひつまぶし」

お椀の蓋を開けてみると、中にはキュートな麩と、大きな貝が!
テンションがあがります!

【実食レポ】日比谷OKUROJI『炭焼 うな富士 有楽町店』で「肝入り上うなぎ丼(数量限定)」と「上ひつまぶし」

そして、こちらが楽しみにしていた「肝入り上うなぎ丼」。

【実食レポ】日比谷OKUROJI『炭焼 うな富士 有楽町店』で「肝入り上うなぎ丼(数量限定)」と「上ひつまぶし」

まずは、トップに添えられている肝焼きから!
なかなかの大きさで弾力があり、食べ応えがあります!
噛むごとに、旨味、甘み、ほんのり特有の香りが口の中に広がって美味!

【実食レポ】日比谷OKUROJI『炭焼 うな富士 有楽町店』で「肝入り上うなぎ丼(数量限定)」と「上ひつまぶし」

脂の乗った大きなうなぎは、表面はパリっと、中はふっくらやわらかく、とってもジューシー!

【実食レポ】日比谷OKUROJI『炭焼 うな富士 有楽町店』で「肝入り上うなぎ丼(数量限定)」と「上ひつまぶし」

うな富士では、獲れる量が20匹に1匹と言われるほど希少価値が高く、尾っぽまで肉付きが良くて柔らかい「青うなぎ」を使用!
青うなぎの特徴は、腹が白く背中は深い青緑色で、見た目も通常のうなぎとちょっと違うのだそう。

身がぎっしり詰まっていて、ふっくら。口に入れるととろけるような食感と肉厚な身を楽しめます。

【実食レポ】日比谷OKUROJI『炭焼 うな富士 有楽町店』で「肝入り上うなぎ丼(数量限定)」と「上ひつまぶし」

途中で、刻みわさびを乗せて食べてみましたが、ピリっとした刺激で味が引き締まります。

【実食レポ】日比谷OKUROJI『炭焼 うな富士 有楽町店』で「肝入り上うなぎ丼(数量限定)」と「上ひつまぶし」

どんどん食べ進めて行くと、なんと中にもウナギが埋まっている!?
これは嬉しいサプライズ!

【実食レポ】日比谷OKUROJI『炭焼 うな富士 有楽町店』で「肝入り上うなぎ丼(数量限定)」と「上ひつまぶし」

【実食レポ】日比谷OKUROJI『炭焼 うな富士 有楽町店』で「肝入り上うなぎ丼(数量限定)」と「上ひつまぶし」

丼の奥には、うざくや漬物も用意されているので、最初に登場したキュウリもおかわりしながら、うなぎと漬物と交互に食べていくのも楽しい!

【実食レポ】日比谷OKUROJI『炭焼 うな富士 有楽町店』で「肝入り上うなぎ丼(数量限定)」と「上ひつまぶし」

【実食レポ】日比谷OKUROJI『炭焼 うな富士 有楽町店』で「肝入り上うなぎ丼(数量限定)」と「上ひつまぶし」

そして、名古屋といえばひつまぶし!
今回は「上ひつまぶし」もいただきました!

【実食レポ】日比谷OKUROJI『炭焼 うな富士 有楽町店』で「肝入り上うなぎ丼(数量限定)」と「上ひつまぶし」

はじめてひつまぶしを食べるという方は、食べ方の説明が書かれたものがテーブルにセットされているので、それを見ながらいただきましょう!

【実食レポ】日比谷OKUROJI『炭焼 うな富士 有楽町店』で「肝入り上うなぎ丼(数量限定)」と「上ひつまぶし」

【実食レポ】日比谷OKUROJI『炭焼 うな富士 有楽町店』で「肝入り上うなぎ丼(数量限定)」と「上ひつまぶし」

まず1杯目は、細かく刻んだ脂の乗った鰻のご飯をそのままいただきます!

【実食レポ】日比谷OKUROJI『炭焼 うな富士 有楽町店』で「肝入り上うなぎ丼(数量限定)」と「上ひつまぶし」

【実食レポ】日比谷OKUROJI『炭焼 うな富士 有楽町店』で「肝入り上うなぎ丼(数量限定)」と「上ひつまぶし」

2杯目は薬味を乗せて、3杯目はこだわりの出汁と一緒に。
そして、4杯目は好きな食べ方で!

通販・お取り寄せ

ちなみに、「うな富士」のうなぎは、お取り寄せ・通販でも味わうことが可能!

【実食レポ】日比谷OKUROJI『炭焼 うな富士 有楽町店』で「肝入り上うなぎ丼(数量限定)」と「上ひつまぶし」

インターネットで販売するうなぎは、店舗で提供するものと同じ調理方法、同じ焼き方で製造したもの。
備長炭の炭火で1匹1匹、手作業で焼いています!

関西風でパリパリッと香ばしく焼き上げ、秘伝のタレに付けて完成した肉厚のうなぎは、中はふわふわでジューシー!

購入は↓

うな富士
¥4,840 (2020/10/24 15:12:01時点 Amazon調べ-詳細)

お取り寄せだから可能になった「幻の白焼きひつまぶし」もあります↓

うな富士
¥6,710 (2020/10/24 15:12:02時点 Amazon調べ-詳細)

新商業施設のおすすめグルメ↓

はらぺこニュースのSNS
====================
   
====================

後でゆっくり読みたい方は↓ブックマーク
このエントリーをはてなブックマークに追加