【実食レポ】メッツァビレッジのグルメ全店メニュー紹介!飯能の北欧とムーミンのテーマパークで食べつくそう!

【実食レポ】メッツァビレッジのグルメ全店メニュー紹介!飯能の北欧とムーミンのテーマパークで食べつくそう!
テーマパーク

北欧に流れているような、心地よいひとときをのんびりと過ごせる、「メッツァビレッジ(metsa village)」と「ムーミンバレーパーク(MOOMIN VALLEY PARK)」が、埼玉県の飯能にオープン!メッツァビレッジは、昨日2018年11月9日からスタートし、ムーミンパークは2019年3月16日にグランドオープンします。

早速、メッツァビレッジで様々な料理やスイーツを実食してきました!フード店すべての店舗のメニューを紹介していきますので、ぜひ参考に!

アクセス(交通情報)

メッツァビレッジへのアクセスは、電車利用の場合は西武線の飯能駅で下車し、北口にあるバス乗り場から直通バスに乗車するのがベスト。1番バスの本数が多い時間帯は、10分に1本のペースです。

【実食レポ】メッツァビレッジのグルメ全店メニュー紹介!飯能の北欧とムーミンのテーマパークで食べつくそう!
車で訪れる場合には、駐車場の予約ができるシステムになっているので、あらかじめ予約をしておくことをおすすめします。ちなみに、土曜の昼11時頃の到着でパーキングの1つは満車の状態でした。

  平日 土日祝
事前予約 1日1500円 1日2500円
当日時間貸し 10分100円 30分500円

【実食レポ】メッツァビレッジのグルメ全店メニュー紹介!飯能の北欧とムーミンのテーマパークで食べつくそう!

【実食レポ】メッツァビレッジのグルメ全店メニュー紹介!飯能の北欧とムーミンのテーマパークで食べつくそう!入り口には大きな地図の看板があります。最初に見えてくるマーケットホール前に、紙のガイドマップもあるので、GETしてから先へ進むと良いでしょう。

【実食レポ】メッツァビレッジのグルメ全店メニュー紹介!飯能の北欧とムーミンのテーマパークで食べつくそう!

【Viking hall(ヴァイキングホール)1F】10時〜21時

農家がつくる tomateria GOTO (パスタ&オムライス)

「メッツァ」に出店するために開発された、丸ごとトマトを使用したメニューが中心のお店。契約農家が作る良質なトマトの料理を味わえます。

【実食レポ】メッツァビレッジのグルメ全店メニュー紹介!飯能の北欧とムーミンのテーマパークで食べつくそう!
席は店内の専用席と、テラス席のどちらかを選択するスタイル。自身で場所をとってから注文することになります。

【実食レポ】メッツァビレッジのグルメ全店メニュー紹介!飯能の北欧とムーミンのテーマパークで食べつくそう!イートインメニューとテイクアウトメニューがあり、昼の大混雑時間帯には、一時的にイートインメニューをストップしていました。土日に訪れる場合は、午前中のうちに来店するのがおすすめです。

【実食レポ】メッツァビレッジのグルメ全店メニュー紹介!飯能の北欧とムーミンのテーマパークで食べつくそう!

【実食レポ】メッツァビレッジのグルメ全店メニュー紹介!飯能の北欧とムーミンのテーマパークで食べつくそう!今回オーダーしたのは、イートイン限定の「丸ごとトマトのオムライス」と、テイクアウトも可能な「農家が作る濃厚ケチャップで食べるポテトフライ」。どちらも良質なトマトの味を堪能できるメニューです。

オムライスは、丸ごとトマトの蓋を開けてみると、中からたっぷりチーズが!

 

ハンバーグの時間(ごちそうハンバーグ専門店)

豊富なトッピングに12種のソースを選べるハンバーグ店。本日訪れた時には、ランチの時間帯に最も長蛇の列ができていました。

【実食レポ】メッツァビレッジのグルメ全店メニュー紹介!飯能の北欧とムーミンのテーマパークで食べつくそう!席は店内の専用席と、テラス席のどちらかを選択するスタイル。テラスの場合は先に場所とりをした上で注文の列に並ぶ人が多く、中の専用席の場合は注文してから席へ進む人がほとんどでした。

【実食レポ】メッツァビレッジのグルメ全店メニュー紹介!飯能の北欧とムーミンのテーマパークで食べつくそう!
好みのトッピングやソースを選べるスタイルですが、多くの人がエビフライ付きの「大人のお子様ハンバーグ」を注文していました。

【実食レポ】メッツァビレッジのグルメ全店メニュー紹介!飯能の北欧とムーミンのテーマパークで食べつくそう!
それがこちら!パスタやオムライスもついていて、1780円。テイクアウトメニューもあり、クリームチーズハンバーグサンドに惹かれている人が多かったです。

 

REBERT’S COFFEE ロバーツコーヒー(カフェ)

北欧直輸入の焙煎豆をさまざまなドリンクが味わえるお店。

【実食レポ】メッツァビレッジのグルメ全店メニュー紹介!飯能の北欧とムーミンのテーマパークで食べつくそう!
席はカウンターや大テーブル、1人用のチェアや4名テーブルなどがあります。いたるところに虹色のバラが!

【実食レポ】メッツァビレッジのグルメ全店メニュー紹介!飯能の北欧とムーミンのテーマパークで食べつくそう!
人気のメニューは早期完売するようで、本日はベリーベリーフラッペがすでにソールドアウト。

【実食レポ】メッツァビレッジのグルメ全店メニュー紹介!飯能の北欧とムーミンのテーマパークで食べつくそう!ホットドリンクで人気なのは、「ミントチョコレートラテ」。濃厚なチョコレートソースにミントシュガーがほんのり香ります。

【実食レポ】メッツァビレッジのグルメ全店メニュー紹介!飯能の北欧とムーミンのテーマパークで食べつくそう!ちなみに、焼きたてのシナモンロール狙いのお客さんが沢山いるのですが、かなりの数量限定で食べることができる人はごくわずか!本日は13時半と17時に焼きあがるという黒板記載がありましたが、どちらも20分で終了。個数は各回10個ずつだったよう。

 

ONE MORE BITE ワンモアバイト(スイーツ・ソフトクリーム)

多くの受賞歴のある吉井牧場の夢みるくを使用したソフトクリームや、全国の有名パティシエが監修した焼き菓子を購入できるお店。

【実食レポ】メッツァビレッジのグルメ全店メニュー紹介!飯能の北欧とムーミンのテーマパークで食べつくそう!
店内の専用席は、この2席のみ。あとはテラス席で食べることになります。

【実食レポ】メッツァビレッジのグルメ全店メニュー紹介!飯能の北欧とムーミンのテーマパークで食べつくそう!
ノーマルなソフトクリームの他、自身の好きなトッピングを楽しめるメニューも!

【実食レポ】メッツァビレッジのグルメ全店メニュー紹介!飯能の北欧とムーミンのテーマパークで食べつくそう!
おすすめは、焼き菓子1品と4種のトッピングをチョイスできる「ギルティプレジャー」。焼き菓子は、クッキーだけでなく、なんとフィナンシェを選択することもできちゃいます!

詳しい実食レポートはコチラ↓

【実食レポ】夢みるくのソフトクリーム「ONE MORE BITE(ワンモアバイト)」飯能 メッツァ に登場!


 

らーめんAFURI 阿夫利(ラーメン)

無添加・天然素材にこだわりったらーめん店。

【実食レポ】メッツァビレッジのグルメ全店メニュー紹介!飯能の北欧とムーミンのテーマパークで食べつくそう!

【実食レポ】メッツァビレッジのグルメ全店メニュー紹介!飯能の北欧とムーミンのテーマパークで食べつくそう!
購入は券売機から行うシステム。お昼時には20名以上の列ができている時間帯もありました。

【実食レポ】メッツァビレッジのグルメ全店メニュー紹介!飯能の北欧とムーミンのテーマパークで食べつくそう!
通常の麺だけでなく、こんにゃく麺を選べるのがユニーク!甘露つけ麺や、炙りコロチャーシュー飯なども!

 

【Viking hall(ヴァイキングホール)2F】10時〜21時

LAGOM(スモーブローレストラン)

デンマークの伝統料理スモーブロー(オープンサンドイッチ)のレストラン。北欧の味と雰囲気を満喫できるお店。

【実食レポ】メッツァビレッジのグルメ全店メニュー紹介!飯能の北欧とムーミンのテーマパークで食べつくそう!
1番のおすすめは窓際のソファ席ですが、この他にもカウンター席やテーブル席が多数あり、メッツァビレッジの中で最も席数の多いお店です。

【実食レポ】メッツァビレッジのグルメ全店メニュー紹介!飯能の北欧とムーミンのテーマパークで食べつくそう!
日替わりのスモーブローと、サーモンのスモーブロー・お肉のスモーブロー・カルヤランピーラッカの3つのうち1つを選ぶことになります。さらに、ドリンクとスープとポテトも!

【実食レポ】メッツァビレッジのグルメ全店メニュー紹介!飯能の北欧とムーミンのテーマパークで食べつくそう!
このボリュームで1800円!ちなみに、カルヤランピーラッカとは、フィンランドのカレリア地方発祥の伝統料理・国民食のパイです。

 

【Market hall(マーケットホール)1F】10時〜20時

biokia smoothie(スーパーベリースムージー)

北欧にて無農薬で育てられたナチュラルなベリーを使った世界初のスムージー専門店!

【実食レポ】メッツァビレッジのグルメ全店メニュー紹介!飯能の北欧とムーミンのテーマパークで食べつくそう!
メニューは、リンゴンベリースムージー・ビルベリースムージー・シーバックソーンベリースムージー・クランベリースムージーの4種。

【実食レポ】メッツァビレッジのグルメ全店メニュー紹介!飯能の北欧とムーミンのテーマパークで食べつくそう!1番なじみがあり、大好物のクランベリーをオーダーしてみました。ポリフエノールたっぷり!加糖されていないので、なかなか酸味が強いですが、ヘルシーで身体が喜んでいるような気がしました!

【実食レポ】メッツァビレッジのグルメ全店メニュー紹介!飯能の北欧とムーミンのテーマパークで食べつくそう!
ベリーのジュース等を販売しているコーナーもあるので、気に入った方はお土産に!

 

メッツァカフェ metsa cafe(カフェ)

「メッツァビレッジ」のカラーをイメージした、「メッツァ」オフィシャルのカフェ。

【実食レポ】メッツァビレッジのグルメ全店メニュー紹介!飯能の北欧とムーミンのテーマパークで食べつくそう!
店内にはテーブル席が2つ。この場所が満席の場合は、テラス席へ!

【実食レポ】メッツァビレッジのグルメ全店メニュー紹介!飯能の北欧とムーミンのテーマパークで食べつくそう!
スペシャリティコーヒー(サイフォン)やエルダーフラワーソーダなどが味わえます!

【実食レポ】メッツァビレッジのグルメ全店メニュー紹介!飯能の北欧とムーミンのテーマパークで食べつくそう!
ホットドッグやケーキも味わえるのですが、本日はショーケースの中にアップルパイやりんごのキャラメルケーキがありました!ホットドッグはチーズのあり・なしを選べます。

 

SAIBOKU サイボク メッツァビレッジ店(豚肉・ソーセージグリル)

1946年創業、埼玉県日高市の「サイボク」のメッツァビレッジ店。

【実食レポ】メッツァビレッジのグルメ全店メニュー紹介!飯能の北欧とムーミンのテーマパークで食べつくそう!
メニューは、ウインナーカップ400円、ウインナーセット800円、もりもりセット1100円。

【実食レポ】メッツァビレッジのグルメ全店メニュー紹介!飯能の北欧とムーミンのテーマパークで食べつくそう!
国際食品品質コンテストで多くの金メダルを受賞しているハムやソーセージがグリルされている様子を眺めることもできます!

 

武蔵利休(和スイーツ)

狭山茶の名店「新井園本店」が運営する利休だからこその贅沢抹茶スイーツが揃っています。

【実食レポ】メッツァビレッジのグルメ全店メニュー紹介!飯能の北欧とムーミンのテーマパークで食べつくそう!

【実食レポ】メッツァビレッジのグルメ全店メニュー紹介!飯能の北欧とムーミンのテーマパークで食べつくそう!
抹茶ソフトクリームや、パフェのような白雪デラックスソフトなど、幅広い年代に親しまれそうなメニューがいっぱい!

【実食レポ】メッツァビレッジのグルメ全店メニュー紹介!飯能の北欧とムーミンのテーマパークで食べつくそう!お菓子を販売しているコーナーもあり、クリスマスらしいキュートなものも!ちなみに、夕方頃には多くのメニューが完売となり、ソフトクリームのみの販売になっていました。繁忙期に訪れる場合には、昼頃までにオーダーするのがおすすめ!

 

Chocolate Finland(チョコレート)

フィンランドの個性的なチョコレートブランドを集めたセレクトショップ。

【実食レポ】メッツァビレッジのグルメ全店メニュー紹介!飯能の北欧とムーミンのテーマパークで食べつくそう!

【実食レポ】メッツァビレッジのグルメ全店メニュー紹介!飯能の北欧とムーミンのテーマパークで食べつくそう!
ダンメンベルグ シュガーフリー ココナッツミルクチョコやラズベリーダークチョコなどが並んでいます。紅茶やドリンクなども扱っているのですが、ドリンク類やシナモンロールラスク等、完売している商品が多数ありました。

【実食レポ】メッツァビレッジのグルメ全店メニュー紹介!飯能の北欧とムーミンのテーマパークで食べつくそう!
クリスマスのちょっとしたギフトや自分へのお土産としておすすめなのが、この「サンタミルクチョコレートバー」。399円という手の届きやすい価格で、私自身も購入して帰りました。

 

ベジタワー(新鮮野菜)

野菜本来の味を楽しめる固定種野菜を農薬・科学肥料を使わずに育てるひより農園と、地元飯能の新鮮野菜を扱うお店。

【実食レポ】メッツァビレッジのグルメ全店メニュー紹介!飯能の北欧とムーミンのテーマパークで食べつくそう!
アフタヌーンティーのように美しく飾られたベジタワー!

【実食レポ】メッツァビレッジのグルメ全店メニュー紹介!飯能の北欧とムーミンのテーマパークで食べつくそう!
飯能産の野菜やフルーツもあり、クリーミーイエローという名のキウイも!果肉が黄色く、とても糖度が高いのだそう。他にも柿や里芋などもありました。

 

Moi Saitama(地域物産)

丸広百貨店がプロデュースする埼玉県産品による食のセレクトショップ!

【実食レポ】メッツァビレッジのグルメ全店メニュー紹介!飯能の北欧とムーミンのテーマパークで食べつくそう!
もっとも心を奪われたのは、「秩父銘仙 貯古齢糖」。薔薇(みるく)は午前中の時点で既に残り3つ。夕方には完売していました。抹茶やいちごのフレーバーも!

【実食レポ】メッツァビレッジのグルメ全店メニュー紹介!飯能の北欧とムーミンのテーマパークで食べつくそう!

【実食レポ】メッツァビレッジのグルメ全店メニュー紹介!飯能の北欧とムーミンのテーマパークで食べつくそう!
飯能窯に深谷ねぎの入ったキムチなど、埼玉県ならではの商品が揃っているので、お土産を選ぶのに最適!

 

【Utepis(ウーテピルス)】10時〜21時

クラフトビール&グリル

ハンディタイプで大人のおつまみやビールが合うメニューが取り揃う野外レストラン。

【実食レポ】メッツァビレッジのグルメ全店メニュー紹介!飯能の北欧とムーミンのテーマパークで食べつくそう!
このエリアにやってくると、野外にいくつものワゴンがあります。1つめに見えるワゴンで先に会計を済ませ、そのほかのワゴンに料理を取りに行くというスタイル。

【実食レポ】メッツァビレッジのグルメ全店メニュー紹介!飯能の北欧とムーミンのテーマパークで食べつくそう!
「デンマークホットドッグ」や「ミートボールワッフル」など、北欧ならではのメニューやビールのメニューが豊富!ミートボールの中にはマッシュポテトが入っているので結構ボリューミー!

【実食レポ】メッツァビレッジのグルメ全店メニュー紹介!飯能の北欧とムーミンのテーマパークで食べつくそう!
自身の手でグリルを楽しめる「UPEPILS GRILL」も!ソーセージやチキンを香ばしく焼き上げていただきます!

【実食レポ】メッツァビレッジのグルメ全店メニュー紹介!飯能の北欧とムーミンのテーマパークで食べつくそう!
白い大きなテントのようなスペースの中に、このような席が用意されています。

 

本日のMVP(お気に入りメニュー)

今回、10種類以上のメニューを実食体験した中で、もっとも心に響いたメニューは「サンタクロースのクリスマスパン」というシーズンメニュー。

【実食レポ】メッツァビレッジのグルメ全店メニュー紹介!飯能の北欧とムーミンのテーマパークで食べつくそう!
揚げたパンの中につぶあんがたっぷり!クリームチーズやベリーがトッピングされており、ハート型のシュガーがキュート!今だけの季節限定メニューなので、気になる方はお早めに!この他に「魔女のクリスマスパン」も!

【実食レポ】メッツァビレッジのグルメ全店メニュー紹介!飯能の北欧とムーミンのテーマパークで食べつくそう!
メッツァビレッジ内の全ての飲食店を一挙に紹介してみましたが、興味が湧いたメニューはあったでしょうか。2019年3月16日にはムーミンバレーパークもグランドオープン!ムーミンのテーマパークがスタートすると、もっと大勢の人で大混雑する可能性もあるので、3月になる前に一度メッツァへ訪れてみては!?

今週の人気記事はコチラ↓

【2018年クリスマスビュッフェまとめ】お得な予約プランを紹介!クリスマスアフタヌーンティー情報も!

後でゆっくり読みたい方は↓ブックマーク
このエントリーをはてなブックマークに追加

案内図 メッツァビレッジ


施設名 メッツァビレッジ
公式HP https://metsa-hanno.com
住所 埼玉県飯能市宮沢327-6 メッツァ
営業時間 メッツァビレッジ 10:00〜21:00
Market hall マーケット棟 10:00〜20:00

ピックアップ記事

関連記事一覧