【北海道知床標津いくら丼うえだ】究極のいくら丼を三井アウトレットパーク入間で!

三井アウトレットパーク入間 北海道知床標津いくら丼うえだ マ印神内商店
うに・いくらテロ

三井アウトレットパーク入間の2階にあるフードコート内に、究極の標津いくら丼が食べられるお店があります。それが、「北海道知床標津いくら丼うえだ」。究極のいくら丼に使用しているいくらは、「どっちの料理ショー」で特選素材にも選ばれた「マ印神内商店」の逸品。
今回は、実際に三井アウトレットパーク入間にて体験した時の実食レポートと写真を紹介していきます。

お店の様子とメニュー

フードコートの角に位置する「北海道知床標津いくら丼うえだ」。

三井アウトレットパーク入間 北海道知床標津いくら丼うえだ マ印神内商店

平日の19時過ぎに来店したのですが、特に列などは出来ておらず、待ち時間はあまりかからずスムーズに提供されました。

三井アウトレットパーク入間 北海道知床標津いくら丼うえだ マ印神内商店

いくら丼は、ミニ(880円)・並(1480円)・大盛(2280円)と全部で3つのサイズがあり、並と大盛の場合はカニ汁も無料で選べます!

三井アウトレットパーク入間 北海道知床標津いくら丼うえだ マ印神内商店

ちなみに、店頭にショーケースがあり、3つのいくら丼のサイズがわかるようになっています。

いくら丼の他に、「北海道漁師の まかない丼 980円」、「北海道漁師の 親方丼 1480円」、「いくら焼飯 1180円」等も販売されています。

三井アウトレットパーク入間 北海道知床標津いくら丼うえだ マ印神内商店

フードコートには、さまざまなタイプのテーブル席が用意されていますが、「北海道知床標津いくら丼うえだ」のすぐ隣には、このように赤と黒を基調とした落ち着いたスペースがあります。こちらでゆっくりといくらを味わうのがオススメ!

いざ実食!甘くて程よい塩加減の究極のいくら丼!

ここからは、いよいよ実食レポート!
レジにてオーダーと会計を済ませると、番号がついたベルが渡されます。

三井アウトレットパーク入間 北海道知床標津いくら丼うえだ マ印神内商店

こちらが実際にいただいたいくら丼とカニ汁。
この日は、全然混雑していなかったため、わずか5分程度で音がなりました。醤油・わさび・ガリなどはお好みで自身で取ってくることができます。

三井アウトレットパーク入間 北海道知床標津いくら丼うえだ マ印神内商店
三井アウトレットパーク入間 北海道知床標津いくら丼うえだ マ印神内商店
三井アウトレットパーク入間 北海道知床標津いくら丼うえだ マ印神内商店

いくら丼の前に、まずはカニ汁のほうからじっくりと味わいました。カニは出汁程度かと思っていましたが、結構たくさん身がついたカニが2つほど入っていてびっくり!これはありがたいサービス。

三井アウトレットパーク入間 北海道知床標津いくら丼うえだ マ印神内商店
三井アウトレットパーク入間 北海道知床標津いくら丼うえだ マ印神内商店

鮮度の良い現卵だけを厳選し、歯舞昆布醤油と北海道のお酒に漬けこんだいくらたち!
卵が熟し過ぎていないので、口の中でとろけるようなまろやかさです!これはかなり美味!
なんども通いたくなる味でした。
気になる方はぜひ1度訪れてみてください!

以前はGINZA SIX内にも店舗があったのですが、少し前になくなってしまったので、このいくらがまた食べたくなったら入間に向かおうと思います!

いくらが大好きな方は、下記の記事もぜひ参考に!

後でゆっくり読みたい方は↓ブックマーク
このエントリーをはてなブックマークに追加

案内図 北海道知床標津いくら丼 うえだ


店名 北海道知床標津いくら丼 うえだ
公式HP http://sibetsu-ikuradon-ueda.com/
住所 埼玉県入間市宮寺3169-1三井アウトレットパーク入間2F
「フォレストキッチン」内
営業時間 10:30 ~ 21:00 (年中無休)

ピックアップ記事

関連記事一覧