「餃子フェスTOKYO 2018」中野四季の森公園で開催!ご当地餃子やおしゃれバル系餃子が登場!

「餃子フェスTOKYO 2018」中野四季の森公園で開催!ご当地餃子やおしゃれバル系餃子が登場!
テーマパーク・イベント

「餃子フェスTOKYO 2018」が2018年10月31日(水)〜11月4日(日)まで期間限定で開催。
「北海道産牛の濃厚味噌バター牛カツ餃子」や「肉汁たっぷり!エビ蒸し餃子」なども登場します。

「近江牛餃子」やにんにく不使用の「肉フロマージュ餃子」も!

「餃子フェス TOKYO 2018」が2018年10月31日(水)〜11月4日(日)の5日間開催されます。
「餃子フェス」では、定番人気の<ご当地餃子>、皮や餡などにこだわる<職人系餃子>、これでもかというくらいに肉汁を閉じ込めた<肉汁ハンパない系餃子>、餃子ブームの火付け役<おしゃれバル系餃子>にカテゴリを分けたバリエーションが楽しめます。今回は、みんな大好き“肉汁”といったテーマに沿った餃子たちが登場します。

「餃子フェスTOKYO 2018」中野四季の森公園で開催!ご当地餃子やおしゃれバル系餃子が登場!

■おしゃれバル系 “女子ウケ度MAXの最新餃子”を新提案!
毎開催のたびに登場する新たな餃子が出てくるのも「餃子フェス」の魅力のひとつ。 “女子が喜びそう”をコンセプトにしたオシャレな肉汁餃子に注目!

「餃子フェスTOKYO 2018」中野四季の森公園で開催!ご当地餃子やおしゃれバル系餃子が登場!
満を持して地元・中野から初出店!「餃子バル ぴこれ」。お店で人気No.1のインスタ映え餃子“桜エビとホタテの濃厚ホワイト泡餃子”が登場。鶏ももひき肉をベースにホタテや桜エビを使用した、あっさりだけどジューシーな水餃子は、鶏と豚のWベースのホワイト泡ソースが新感覚で楽しめます。

「餃子フェスTOKYO 2018」中野四季の森公園で開催!ご当地餃子やおしゃれバル系餃子が登場!
根強いファンが多い「餃子×バル ちびすけバル」からは、女性に嬉しいコラーゲンをたっぷりと餡に詰め込み完成した“コラーゲン入り肉汁ねぎ塩焼き餃子”。溢れ出るコラーゲン肉汁と旨味塩ダレが見事にマッチ。

「餃子フェスTOKYO 2018」中野四季の森公園で開催!ご当地餃子やおしゃれバル系餃子が登場!
独創的なメニューが人気の「餃子とワイン 果皮と餡」が今回北海道らしいメニューを引っさげて登場。“北海道産牛の濃厚味噌バター牛カツ餃子”は、酒粕で育った北海道産旭高砂牛のミンチがたっぷり詰まった餃子をカツ風に仕上げた創作餃子。濃厚バターと味噌の絶妙なハーモニーとサクソク食感がやみつきに!

「餃子フェスTOKYO 2018」中野四季の森公園で開催!ご当地餃子やおしゃれバル系餃子が登場!
「WASH1N TOKYO」からの新提案餃子は、“餃子+麻婆=最強餃子!“。松坂ポークを贅沢に使ったアツアツ餃子は野菜の食感もしっかりと楽しめ、肉汁ジュワ〜&ザクザクが贅沢に味わえる“ちょい辛!ミンチたっぷりジューシー麻婆餃子”。麻婆あんのしっかりとした旨味も重なり、満足度に自信アリの逸品。

■絶対人気の肉汁ハンパない系も健在!飛び散り注意
これまでの「餃子フェス」での実績と高い支持率の3店舗が肉汁部門から堂々参戦。

「餃子フェスTOKYO 2018」中野四季の森公園で開催!ご当地餃子やおしゃれバル系餃子が登場!「肉玉そば おとど×浅草開化楼」の“東京名物 肉汁おとど餃子”は肉汁だけでなく、こだわりもいっぱい。特製背脂を練りこんだ味付き餡を多加水の皮で包み、パリッとモッチリした食感が楽しめる。醤油はつけず、添えた柚子胡椒がアクセントに。
「羽根つき焼小籠包 鼎’s(Din’s)」が提供する、見た目も美しくシンプルなのに旨味たっぷりの“羽根つき焼き小籠包”は、前方注意の超級肉汁メニュー。本場台湾の有名小籠包店「京鼎樓」が生み出した特別メニュー。
「近江牛餃子 包王」の“肉大盛 近江牛餃子”は、まるで餃子と小籠包が合体したようなジューシーさは、ブランド牛ならではの贅沢さ。皮に卵黄と秘伝のスープを練り込み、コクと食感が魅力のどっしり感いっぱいの贅沢な特大餃子。

■こだわり抜群の職人餃子やご当地餃子にも、肉汁入ります。

「餃子フェスTOKYO 2018」中野四季の森公園で開催!ご当地餃子やおしゃれバル系餃子が登場!
ご当地餃子の定番<宇都宮餃子>を代表する大人気「宇都宮餃子館」の“健太餃子”。国産野菜にこだわり、那須高原産のロイヤルポークの旨味をしっかり閉じ込め、今回特別に豚肉の旨味甘味が凝縮された濃厚肉汁をさらに増量!パワーアップした“肉汁健太餃子”を味わえるのはこの「餃子フェスTOKYO 2018」だけ。埼玉の食材にこだわり続ける「餃子の宮でんでん」からは、深まる秋にちょうど良い“胡麻坦々大肉汁スープ餃子”。肉汁溢れる大きめの肉汁餃子が、山椒がアクセントの本格的な香麻辣醤スープは身体もポカポカ。
関西を代表する職人系「餃子専門店 福吉」が提供するのは、女性からの圧倒的人気メニュー“肉フロマージュ餃子” 。にんにく不使用で旨味溢れる肉餃子に、チーズとクリームチーズを加えた濃厚チーズをのせてアクセントに黒胡椒をかけ、さらに両面焼きをするという餃子の固定概念が覆される新餃子は食べないと損!

■インパクト絶大餃子を頬張って口の中いっぱいに肉汁パワー

「餃子フェスTOKYO 2018」中野四季の森公園で開催!ご当地餃子やおしゃれバル系餃子が登場!
初出店「花林糖餃子」のシンプルでゴージャスな“肉汁たっぷり!エビ蒸し餃子”は、たっぷりすぎる肉汁が閉じ込められ、ヤケド注意。エビが一尾丸々入ったスペシャルなエビ餃子と、黒胡椒がピリッと効いた特製玉ねぎソースが絶妙。
「肉汁餃子製作所 ダンダダン酒場」の豪快にかぶりつきたい“東京手羽餃子”は、大ぶりの手羽先を丁寧に骨抜きし、自家製餡をたっぷり詰め込んでジューシー具合MAXな唐揚げに。独自のスパイスをかけて、肉汁を噛みしめて。

 

案内図 餃子フェスTOKYO 2018


東京都中野区中野4-13
イベント名 餃子フェスTOKYO 2018
公式HP http://gyo-zafes.jp
住所 東京都中野区中野4-13 中野四季の森公園
期間 2018年10月31日(水)〜11月4日(日)
営業時間 11:00〜20:00(10/31は12:00〜/土日は10:00〜)
料金 入場料無料(食券・電子マネー利用可能)※食券600円/枚

ピックアップ記事

関連記事一覧